May 22, 2018 / 7:46 AM / 3 months ago

ドイツ、送電網拡充なら石炭火力発電能力の半減可能=政府高官

[フランクフルト 21日 ロイター] - ドイツ連邦ネットワーク庁のホーマン長官は、送電網の拡充とガス火力発電所の増設が予定通り実現すれば、2030年までに石炭火力発電能力を半減させることが可能だとの見解を示した。

 5月21日、ドイツ連邦ネットワーク庁のホーマン長官は、送電網の拡充とガス火力発電所の増設が予定通り実現すれば、2030年までに石炭火力発電能力を半減させることが可能だとの見解を示した。写真は白煙を上げて稼働する石炭火力発電所。ケルン北西ノイラートで昨年11月撮影(2018年 ロイター/Wolfgang Rattay)

独紙フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥングとのインタビューで、「石炭火力発電能力の半分は供給へのリスクなしに、2030年までに削減できる」と語った。

ドイツは二酸化炭素排出量の削減に向け、2030年までに発電能力全体に占める風力・太陽光発電の割合を現在の約30%から65%に引き上げることを目指している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below