November 13, 2018 / 4:30 AM / a month ago

盗まれたJ・レノンさん遺品の売却試みる、ドイツで59歳男を訴追

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツ・ベルリンの検察当局は、ミュージシャンの故ジョン・レノンさんの盗まれた遺品を売却しようとしたとして、59歳の男が訴追されたと明らかにした。

男は2014年にベルリンの競売会社に遺品の売却を委託し、78万5000ユーロ(約1億0030万円)の前払い金を受け取ったとされている。

これらの遺品は2006年にレノンさんの妻オノ・ヨーコさんから盗まれ、日記のほか、手紙、「ビートルズ」の公演の録音、レノンさんの眼鏡も含まれる。最後の日記には、レノンさんがニューヨークで射殺された当日となる1980年12月8日の書き込みがあった。

検察当局は「容疑者の車に文書、イラスト、レノンさんの眼鏡が隠されていた」とし、盗品を受け取り詐欺を計画した疑いで男が訴追されたと発表した。

警察は、遺品がオノさんの元運転手によって盗まれ、トルコに運ばれた後、2013年か14年にベルリンに行き着いたとみている。

競売会社が破綻し管財人が遺品を見つけ、当局に知らせた。遺品は今年9月21日にオノさんの弁護士に返却されたという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below