for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独財務相、23年の「債務ブレーキ」目標を強調 国防費増額でも

[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツのリントナー財務相は30日、同国は今後数年で1000億ユーロ(1080億ドル)の国防支出を計画しているものの、2023年に「債務ブレーキ」を再開する目標に変わりはないと述べた。

債務ブレーキは財政収支の均衡化や政府の借り入れ制限に関する規定。

同相は「過去には戦争や危機といった緊急事態により特別資金を動員することができたが、景気刺激的な財政政策は終わらせる」と述べた。

ドイツ政府は29日、ロシアのウクライナ侵攻後に提案された信用に基づく特別資金の拠出を可能にするため憲法を改正し、国防費を北大西洋条約機構(NATO)の目標である国内総生産(GDP)比2%に向けて引き上げることで、野党保守派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)と合意した。

同相は、政党間で合意した特別国防費はドイツ連邦軍にのみ使用されると強調した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up