October 4, 2018 / 9:31 AM / 2 months ago

ドイツ経済、投資が弱点=銀行協会

[ベルリン 4日 ロイター] - ドイツ銀行協会(BdB)は4日、民間投資の大幅な鈍化がドイツ経済の弱点だとの認識を示した。

貿易摩擦や新興国経済の低迷を受け、来年のドイツの経済成長率予測は1.9%から1.8%に下方修正した。今年の経済成長率の予測は1.9%。

BdBのマネジングディレクター、Christian Ossig氏は「エスカレートしている貿易紛争や、一部の新興国の問題を踏まえると、世界経済は危険な領域に向かう恐れがある」とした上で「リスクは引き続き管理可能だと想定している」と述べた。

ドイツ経済は、昨年の2.2%成長ほどではないが、引き続き安定して推移する見通しという。

ドイツ政府は先月、今年の経済成長率予測を2.0%前後に下方修正した。背景には、企業が熟練労働者の不足で生産を増やせず、投資が見送られていることがある。

同氏は「企業の利益、高い設備稼働率、底堅い経済成長、非常に低い金利を考えれば、投資はもっと大幅に増加してもよいはずだ」と述べた。

BdBは、今年と来年の機械・建設への民間投資の予測を下方修正した。来年の機械への投資は3.1%増加する見通し。従来予測は3.6%増だった。

BdBは、欧州中央銀行(ECB)がマイナス金利政策を終了する必要があるとの認識も示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below