August 19, 2019 / 10:34 AM / in a month

ドイツ経済、マイナス成長継続の可能性=連銀

[フランクフルト 19日 ロイター] - ドイツ連銀は19日、鉱工業生産が受注低迷で減少しており、夏季の間もマイナス成長が続いた可能性があるとの認識を示した。

ドイツが景気後退に突入した可能性もある。第2・四半期のドイツの国内総生産(GDP)はマイナス成長だった。[nL4N25A1RM]

連銀は月報で「経済情勢全般は再びやや悪化する可能性がある」とし「主因は鉱工業の低迷継続だ」と指摘した。製造業では受注が急減し、企業心理も大幅に悪化しているという。

国内消費が引き続き支えになっているものの、雇用市場にはすでに低迷の兆しが出ており、サービス産業の企業心理も悪化しているとしている。

建設ブームは今後も続く見通しで、一定の下支え要因になるという。

ショルツ独財務相は18日、ドイツには将来の経済危機に「総力を挙げて」対処する健全な財政があるとの見方を示し、最大500億ユーロ(550億ドル)の追加支出が可能であることを示唆した。[nL4N25E16B]

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below