June 7, 2019 / 7:27 AM / in 3 months

ドイツ連銀、国内成長率見通しを0.6%に引き下げ

[フランクフルト 7日 ロイター] - ドイツ連邦銀行(中央銀行)は7日、国内成長率見通しと来年のインフレ見通しを下方修正した。国内の消費と投資は力強く伸びているものの、外需が低迷していることを反映した。

連銀は2019年の成長率見通しを0.6%とした。これは昨年12月に示した見通し(1.6%)を大幅に下回る水準。来年の成長率見通しは1.2%で、従来の1.6%から下方修正した。

連銀は声明で「弱い循環的トレンドは2019年第2・四半期と第3・四半期も続く可能性が高い」と指摘。「実質国内総生産(GDP)は第2・四半期に小幅に落ち込んだあと、第3・四半期に再び上向く可能性が高い」との見解を示した。

今年のインフレ見通しについては1.4%に据え置いた一方で、2020年の見通しは1.5%と、従来の1.8%から引き下げた。これは欧州中央銀行(ECB)の目標(2%付近)を大きく下回る。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below