June 13, 2018 / 9:59 AM / 4 months ago

独経済成長予測を下方修正、イタリアや貿易紛争巡り懸念=DIW

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツ経済研究所(DIW)は13日、2018年のドイツの経済成長率予測を0.5%ポイント下方修正し、1.9%とした。

年初の成長率が予想外に低く、海外発のリスクも高まっているという。

DIWは「イタリアなど一部の欧州諸国を巡る懸念や、米国と他の諸国の貿易紛争がエスカレートする可能性などを背景に不透明感が浮上している」と指摘。

各国の企業が不透明な事業見通しを受けて投資を縮小しており、これがドイツの輸出の伸びを抑制する要因になっているという。

2019年の経済成長率予測は0.2%ポイント下方修正し、1.7%とした。

DIWのフラッツシャー所長は「イタリア情勢によって、ユーロ圏債務危機が再燃するのではないかとの懸念が浮上している」として、欧州、とりわけドイツ政府は、欧州の改革議論を促す必要があると指摘。

「提案や選択肢はそろっており、今は行動する時だ」とし、欧州諸国は一丸となる必要があり、トランプ米大統領や保護貿易主義に対抗すべきとの見方を示した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below