for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツ輸出、中国の景気回復が支援─商工会議所=現地メディア

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツ商工会議所(DIHK)は16日、新型コロナウイルス危機からの中国経済の回復がドイツ企業に恩恵をもたらしており、今年の対中輸出は1桁台前半の減少にとどまるとの見通しを示した。フンケ・メディアグループが、DIHKの対外貿易部門責任者であるボルカー・トレイアー氏の発言として報じた。

輸出に依存するドイツ経済は、新型コロナ感染抑制策のロックダウン(封鎖措置)が5月に解除されて以降、幾分上向いているものの、深刻なリセッション(景気後退)に直面している。

トレイアー氏はフンケに対し「中国との貿易はドイツ経済がさらなる輸出減少に直面するのを防いでいる。厳しい経済環境の中で、明るい材料と言えるだろう」と述べた。

ドイツの中国向け物品・サービスの輸出は2019年に960億ユーロ、中国からの輸入は1100億ユーロを記録しており、中国はドイツにとって最も重要な貿易相手国だ。

DIHKはドイツの輸出は世界全体では12─13%減少すると予想しているという。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up