for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独主要経済研究所、今年の成長率予測を3.7%に下方修正=関係筋

[ベルリン 14日 ロイター] - ドイツの主要経済研究所は、2021年の国内総生産(GDP)成長率の共同予測を従来の4.7%から3.7%に下方修正する見通し。新型コロナウイルス感染拡大を抑制するためのロックダウン(都市封鎖)が長引いたことが理由。関係者が14日、明らかにした。

共同予測は15日に公表される見込み。2022年の成長率見通しは従来の2.7%から3.9%に引き上げる。民間消費による押し上げを見込む。

経済省は経済研究所の共同予測に基づき政府予測を立て、今月中に公表するとみられる。

政府は1月に、今年のGDP成長率は3.0%との見通しを示した。昨年はコロナ流行の影響で4.9%のマイナス成長となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up