April 26, 2018 / 9:13 AM / 7 months ago

ドイツ経済、第2四半期に回復へ=DIW経済研究所

[ベルリン 26日 ロイター] - ドイツ経済研究所(DIW)は26日、第1・四半期に減速した国内経済が第2・四半期に回復するとの見通しを示した。

同国では、2月の鉱工業生産が急減。一部のアナリストの間では、8年にわたる好景気が終息するとの見方が出ている。

ただ、DIWは景気の減速は一時的なもので、インフルエンザの流行、ストライキ、休日の増加が背景だと指摘した。

第1・四半期の国内総生産(GDP)は0.4%増と、昨年第4・四半期の0.6%増から減速する見通しだが、受注は好調で、第2・四半期のGDPは0.7%前後増加する見通しという。

DIWのエコノミストは「ドイツ経済は、力強い海外需要を背景に今後も顕著な成長を維持する」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below