for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独GDP速報値、第1四半期は前期比1.7%減 消費が低迷

[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁が発表した第1・四半期の国内総生産(GDP)速報値は前期比1.7%減と、予想以上のマイナス成長となった。

新型コロナウイルスの流行を受けて、昨年11月からロックダウン(都市封鎖)が導入され、民間消費が低迷した。

ロイターがまとめた市場予想は1.5%減だった。

同庁は「2021年初めは、コロナ危機で再びマイナス成長となった」とし「特に家計消費に悪影響が出た。モノの輸出は経済を下支えした」と述べた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up