for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

世界経済、地政学的緊張などで厳しい年に=欧州商工会議所調査

 1月25日、欧州商工会議所が発表した世界経済に関する調査結果によると、地政学的緊張、高水準のインフレ率、エネルギー危機を背景に、世界の貿易・商業団体は2023年が厳しい年になると予想している。ロンドンで2020年1月撮影(2023年 ロイター/Henry Nicholls)

[ベルリン 25日 ロイター] - 欧州商工会議所が25日に発表した世界経済に関する調査結果によると、地政学的緊張、高水準のインフレ率、エネルギー危機を背景に、世界の貿易・商業団体は2023年が厳しい年になると予想している。

調査は、世界の国内総生産(GDP)の約70%を占める貿易・商業団体の回答に基づいており、長引く地政学的緊張と不安定性が今年の世界経済にとっての最大の課題であることが浮き彫りになった。

米国と英国の調査参加者は、食料とエネルギー価格の高騰に起因するインフレ率上昇を最大の課題と認識。欧州連合(EU)ではエネルギー安全保障を巡る懸念が強く示された。

調査では、自国または地域の23年実質GDP成長率の予想を尋ね、その回答を国際通貨基金(IMF)の予想と比較した。米国と中国の調査参加者の予想はIMFとほぼ同じだったが、英国商業会議所は1.3%のマイナス成長を予測し、IMF予想のプラス0.3%よりもはるかに悲観的な見通しとなった。

調査は22年11─12月に実施された。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up