for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

EXCLUSIVE:独、20年GDP見通し上方修正へ 減少率6%以下に=関係筋

ドイツ政府が2020年の国内総生産(GDP)見通しを上方修正する見通しだと、関係筋が28日、ロイターに明らかにした。写真は4月、ボン近郊のスーパーマーケットで撮影(2020年 ロイター/Wolfgang Rattay)

[ベルリン 28日 ロイター] - ドイツ政府が2020年の国内総生産(GDP)見通しを上方修正する見通しだと、関係筋が28日、ロイターに明らかにした。

従来見通しは6.3%減だが、減少率は6%よりも小幅になることが想定されており、アルトマイヤー経済相が来週発表する予定という。

同省の報道官は、新たな見通しについてはまだ作業が続いており、アルトマイヤー経済相が9月1日に発表する計画と明らかにした。

ドイツの第2・四半期GDPは、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)が消費や設備投資、輸出に打撃を与え、9.7%減と過去最大の落ち込みとなった。

しかし、IFO経済研究所が発表した8月の業況指数は予想を上回るなど、最近発表された経済指標は独景気の底堅い回復を示唆している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up