August 19, 2018 / 11:48 PM / a month ago

トルコ通貨危機、独経済へのさらなるリスク=財務省月報

[ベルリン 20日 ロイター] - 独財務省は20日、トルコの通貨危機は国内経済にとりさらなるリスクになるとの見方を示した。

8月20日、独財務省は、トルコの通貨危機は国内経済にとりさらなるリスクになるとの見方を示した。ベルリンで7月撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

米国とトルコの外交関係悪化や、トルコのエルドアン大統領の金融政策への影響力を懸念し、トルコリラはドルに対して年初から40%近く下落している。

ドイツのトルコへの投資は世界で2番目の規模。また、トルコにとり欧州連合(EU)は最大の貿易相手。

財務省は月報で「ブレグジットがどのような形で行われるかや将来の米通商政策に関する不透明感を巡りリスクが依然ある」と説明し「関税に関する継続的な議論や貿易戦争勃発の恐れが通商活動に影響を及ぼしている」と指摘。「トルコの経済動向が新たな外的経済リスクだ」との見方を示した。

その上で、そうしたリスクにもかかわらず、国の歳出や民間消費、低金利、堅調な雇用市場、実質賃金の上昇に支えられ、国内経済は引き続き底堅い、との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below