August 16, 2019 / 4:05 PM / a month ago

ドイツ連立政権、景気後退に備え財政均衡路線脱却の用意=雑誌

 16日、ドイツの連立政権が、景気後退に陥った際に備え財政均衡ルールを撤廃し、新たな借り入れを行う用意を整えると、シュピーゲル誌が伝えた。写真はメルケル首相。7月9日撮影(2019年 ロイター/Hannibal Hanschke)

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツの連立政権が、景気後退に陥った際に備え財政均衡ルールを撤廃し、新たな借り入れを行う用意を整えると、シュピーゲル誌が16日伝えた。

報道を受け、ユーロが対ドルで急伸したほか、10年債利回りもこの日の高水準を付けた。財務省は報道に関してコメントしなかった。

メルケル首相は13日、景気減速に対応するために現時点で財政刺激策を発動させる必要はないとの見解を示した。

政権与党、キリスト教民主同盟(CDU)のクランプカレンバウアー党首は15日、公共投資の加速が優先課題になっていると強調した。ただ財政収支均衡を定めたルールの即時撤廃には否定的な考えを示していた。

*第1段落の記述と見出しを明確にして再送します

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below