March 26, 2020 / 8:11 AM / 11 days ago

ドイツ製造業、新型コロナで輸出見通し悪化=IFO

[ベルリン 26日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が26日発表した調査によると、ドイツの輸出企業の景況感が世界金融危機以降で最悪となった。新型コロナウイルスの感染拡大で同国製造業がこの先、厳しい状況に直面するとみられる。

輸出見通しを示す指数は3月はマイナス19.8と2009年5月以来の低水準に悪化。2月(マイナス1.1)からの低下幅も東西ドイツ統一以来、最大となった。

IFOのクレメンス・フュースト所長は声明で「新型コロナウイルスは世界貿易にブレーキをかけている。国際的な物流がより困難になっている。輸出国であるドイツは特に影響を受けている」と述べた。

調査では、製造業のすべてのセクターで見通しが悪化。特に自動車部門は輸出の急減を見込んでいる。一方、電気製品、化学セクターは緩やかな減少を予想している。

IFOは前日、今年のドイツ経済が最悪20%のマイナス成長になる可能性があるとの見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below