September 24, 2018 / 9:59 AM / a month ago

9月の独IFO業況指数は小幅低下、予想は上回る

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所が24日発表した9月の業況指数は103.7で、8月の103.9(改定値)から低下した。ロイターがまとめたコンセンサス予想の103.2は上回った。

IFOのクレメンス・フュースト所長は「不透明感は強まっているものの、ドイツ経済は依然として強固」とコメントした。

現況指数はやや低下したものの、サブ指数は全般に高水準を維持していた。期待指数も小幅低下した。

製造業が指数押し上げの主因で、小売りとサービスのセンチメントは改善した。

建設部門の業況感は過去最高を更新。受注が好調だった。

アルトマイヤー経済相は、今年の成長率は2%程度になるとの見通しを示している。これは政府見通しの2.3%、去年の2.5%を下回る水準。

ドイツ経済の見通しは、米中の貿易摩擦の悪化や不透明な英国の欧州連合(EU)離脱交渉の行方の影響を受けている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below