for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

19年の独成長率予想引き下げ、第3四半期にリセッション=IFO

9月12日、ドイツのIFO経済研究所は、2019年のドイツの国内総生産(GDP)伸び率見通しを下方修正したほか、ドイツ経済は第3・四半期にリセッション(景気後退)に陥るとの見方を示した。フランクフルトで2018年10月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は12日、2019年のドイツの国内総生産(GDP)伸び率見通しを下方修正したほか、ドイツ経済は第3・四半期にリセッション(景気後退)に陥るとの見方を示した。

IFOは今年の成長率予想をこれまでの0.6%から0.5%に引き下げた。また、第3・四半期のGDPについて、第2・四半期と同様の前期比0.1%減になるとし、リセッション入りすると見込んだ。

IFOのティモ・ボルマーショイザー氏は、経済に対するリスク要因として、英国が合意のないまま欧州連合(EU)から離脱する可能性や、米中貿易戦争の激化を挙げ「見通しは強い不確実性に押し下げられている」と述べた。

ドイツでは、貿易摩擦や英国のEU離脱を巡る不透明感を背景に、輸出依存度の高い製造業部門が打撃を受けている。

IFOは、製造業の弱さは物流やサービスなど他のセクターにも徐々に波及していると指摘。労働市場にも影響が出ているとした。

*カテゴリーを追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up