for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ドイツGDP、来年の伸び率見通しを4.2%に下方修正=IFO

 ドイツのIFO経済研究所は16日、新型コロナウイルス感染拡大第2波に伴うロックダウン(都市封鎖)強化を受け、来年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを従来の5.1%から4.2%に下方修正した。写真は営業停止のレストラン。ミュンヘンで7日撮影(2020年 ロイター/Andreas Gebert)

[ベルリン 16日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は16日、新型コロナウイルス感染拡大第2波に伴うロックダウン(都市封鎖)強化を受け、来年の国内総生産(GDP)伸び率見通しを従来の5.1%から4.2%に下方修正した。

一方、2022年については、1.7%から2.5%に上方修正した。

ドイツでは11月2日に導入されたロックダウン措置が今月16日に強化され、大半の店舗が閉鎖された。

IFOのチーフエコノミスト、ティモ・ボルマーショイザー氏は「国内外の店舗閉鎖により回復は遅れている」と説明。そのため、モノとサービスの生産は2021年末まで危機前の水準に戻らない見通し。

ロックダウンの結果、IFOはドイツ経済が今年第4・四半期にマイナス成長になると予想。今年全体ではカレンダー効果調整前ベースで5.1%縮小するとみている。

これらの予想は11月2日からのロックダウン措置については考慮されているものの、今月16日からの措置強化の影響は盛り込まれていないという。

IFOはロックダウン措置が来年3月末まで維持されると予想。4月から徐々に緩和され、夏までには完全に解除されると見込んでいる。

IFOによると、輸出は今年が9.7%減少するものの、来年は8.8%増加すると予想。輸入は今年が8.7%減少し、来年が6.8%増加すると見込んでいる。ドイツの比較的規模が大きい経常黒字はさらに拡大する見通し。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up