May 17, 2019 / 3:25 PM / 8 days ago

IMF、ドイツ成長見通し据え置きへ 貿易摩擦などリスク

[ベルリン 17日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)はドイツ経済について、第1・四半期の国内総生産(GDP)は前期比0.4%増と3期ぶりにプラスだったものの、一時要因により押し上げられた可能性があるとして、通年見通しの0.8%成長を据え置く方針とした。ドイツ担当ミッションチーフが17日、明らかにした。

IMFは報告書の中で、ドイツ経済は短期的には良好だが、貿易摩擦の激化や中国のさらなる減速、無秩序なブレグジット(英国の欧州連合離脱)といったリスクに直面していると指摘。成長の下支えには税制改革が必要とした。また国内銀行は収益性の改善やリスク低減に向け再編を加速すべきとした。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below