August 6, 2018 / 8:39 AM / 2 months ago

高水準の独貿易黒字で通商摩擦が悪化=IMF首席エコノミスト

[ベルリン 6日 ロイター] - 国際通貨基金(IMF)の首席エコノミスト、モーリス・オブストフェルド氏は、貿易黒字の削減に消極的なドイツの姿勢は貿易摩擦を強め、世界の金融安定を阻害するリスクを高めているとの見方を示した。

同氏は6日付けの独紙ウェルトに寄稿し、ドイツのような経常黒字国には黒字への対処に消極的な姿勢がみられると指摘。インフラやデジタル化へなどへの政府支出を増やし、企業が海外よりも国内に投資を振り向けるようにすべきと訴えた。

経常黒字が一段と拡大すれば、高債務国で通貨や資産価格の調整による混乱が生じるリスクが高まり、全体の不利益になるとの見方を示し「仮に急激な調整が起きれば、債務国と債権国の両方が打撃を受ける」と警告した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below