Reuters logo
独鉱工業生産指数、1月は前月比2.8%上昇 予想上回る
2017年3月8日 / 11:15 / 8ヶ月後

独鉱工業生産指数、1月は前月比2.8%上昇 予想上回る

[ベルリン 8日 ロイター] - ドイツ経済省が発表した1月の鉱工業生産指数は前月比2.8%上昇した。ロイターがまとめたコンセンサス予想(2.5%上昇)を上回った。

製造業の生産は3.7%上昇と、昨年8月以来の大きな伸びとなった。一方、建設は1.3%、エネルギーは0.7%それぞれ落ち込んだ。

昨年12月の指数は当初発表の3.0%低下から2.4%低下に改定された。

経済省は声明で「2017年の鉱工業生産は全体的に良いスタートを切った」とした。

バンクハウス・ランペのエコノミスト、アレクサンダー・クルーガー氏は「鉱工業生産は回復軌道に乗った」とし、2017年第1・四半期の経済成長を押し上げるとの見方を示した。

INGのエコノミスト、カルステン・ブルゼスキ氏は「厳しい冬が依然として建設セクターに打撃を与えている」とした。2月も寒い気候が続いたとし、建設セクターの落ち込みがあと1カ月続く可能性があると述べた。

経済省は1月の鉱工業生産が第4・四半期の平均を上回ったと指摘。景況感調査は事業環境の好調を示唆しており、鉱工業の伸びが加速する可能性があるとした。

ただクルーガー氏はより慎重的な見通しを示し、鉱工業からの追い風は「第1・四半期以降に大幅に弱まる」と予想した。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below