for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

9月の独PMI速報値は49.1、製造業不振で6年半ぶりに50割れ

[ベルリン 23日 ロイター] - IHSマークイットが発表した9月のドイツ総合購買担当者景気指数(PMI)速報値は49.1で、6年半ぶりに50を下回った。製造業の不振が予想を上回ったほか、サービス部門も減速した。

前月は51.7だった。

好不況の分かれ目となる50を割り込むのは、2013年4月以来初めて。

IHSマークイットのフィル・スミス氏は「ドイツ経済は第4・四半期に向けて弱くなっている。19年末まで拡大は見込めないかもしれない」とコメントした。

製造業PMIは41.4で過去10年余りでの最低水準。スミス氏は「製造業の数字はひどい。貿易戦争、自動車業界の見通し、ブレグジットを巡るすべての不透明感が受注に影響している。9月は09年の金融危機以来の深刻な状況だ」と述べた。

サービスPMIは52.5。前月は54.8だった。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up