November 6, 2019 / 9:41 AM / in 10 days

10月独サービス部門PMI改定値は51.6に小幅上昇、総合は48.9

11月6日、IHSマークイットが発表した10月のドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.6となった。フランクフルトで8月撮影(2019年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 6日 ロイター] - IHSマークイットが発表した10月のドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.6となった。前月の51.4から若干上昇したものの、製造業で長期化する景気後退が他のセクターにも波及している兆候がさらに示された。

速報値の51.2からは小幅に上方改定された。

需要は2カ月連続で減少した。先行きへの期待はほぼ7年ぶりにマイナスに転じた。

10月のドイツの総合PMIは48.9と、前月の48.5から上昇した。こちらも速報値(48.6)から小幅な上方改定となったが、2カ月連続で50の水準を下回った。

IHSマークイットの主任エコノミスト、フィル・スミス氏は「これらの数字に基づくと、ドイツ経済は第4・四半期も弱い内容となる見込みだ」と指摘した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below