July 3, 2020 / 8:56 AM / a month ago

独サービスPMI改定値、6月は47.3に上昇 需要なお弱い

[ベルリン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した6月のドイツのドイツサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は47.3で、5月の32.6から上昇し、速報値の45.8からも上方修正された。新型コロナウイルス感染防止のための規制が緩和され、業況が徐々に改善しているが、需要はなお弱いという。

サービス部門と製造業を合わせた総合PMI改定値は47.0。5月の32.3、速報値の45.8を上回った。

IHSマークイットのプリンシパル・エコノミスト、フィル・スミス氏は「ロックダウンの緩和で経済の一部が息を吹き返した。ただ6月のPMI調査によると、需要は依然弱く、活動は総じて停滞している。特に弱いのが輸出で、他国との往来が再開されれば回復が勢い付くだろう」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below