October 1, 2018 / 9:19 AM / 19 days ago

独製造業PMI、9月改定値は53.7に低下 25カ月ぶり低水準

[ベルリン 1日 ロイター] - IHSマークイットが1日発表した9月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は53.7と、前月の55.9から低下し、25カ月ぶりの低水準となった。新規輸出受注の落ち込みが5年超ぶりの大きさだった。

IHSの首席エコノミスト、フィル・スミス氏は「昨年見られた高水準の伸びが鈍化することは避けられないだろう。ここ数カ月における輸出の減少が製造業者の出鼻をくじいている」と指摘。米中貿易摩擦の激化や英国の欧州連合(EU)離脱を取り巻く不透明感、トルコ通貨危機などが成長鈍化の要因と述べた。

また「世界市場における不透明感が見通しを曇らせ、製造業者の1年後の生産水準予想を大幅に低下させている」とした。

独製造業PMIは2017年12月に過去最高値を付けた後、減速局面にある。エコノミストは米国の保護主義政策が一因と分析している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below