November 2, 2018 / 9:55 AM / 12 days ago

独製造業PMI、10月改定値は52.2に低下 約2年半ぶりの低水準

[ベルリン 2日 ロイター] - IHSマークイットが発表した10月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.2で、9月の53.7から低下、約2年半ぶりの低水準となった。速報値の52.3から小幅に下方修正された。

10月は新規受注が4年ぶりに減少したほか、見通しも悪化した。

IHSの首席エコノミスト、フィル・スミス氏は「輸出受注指数が2カ月連続で低下し、10月の製造業に冷や水を浴びせた」と指摘。

同氏は「生産は前月と比べてほとんど増えず、生産は向こう数カ月で勢いを取り戻すどころか、減少するというのが正しい見方だろう」とた上で「製造業が縮小局面に入ったのかどうかは、今後の判断が待たれるが、見通しがこれほど弱いことはここしばらくなかった」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below