January 4, 2019 / 10:02 AM / 18 days ago

独サービス部門PMI改定値、12月は51.8 27カ月ぶり低水準

[ベルリン 4日 ロイター] - IHSマークイットが発表した12月のドイツサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は51.8と、前月の53.3から低下し、27カ月ぶりの低水準となった。新規受注と企業心理の双方が悪化した。速報値の52.5から下方改定された。

指数は好不況を分ける50.0に近づいた。

先に発表となった12月のドイツ製造業PMI改定値は33カ月ぶりの低水準だった。

IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「ドイツでは、製造業がくしゃみをすれば、残りの産業が風邪をひく可能性が高い。サービス部門の2018年第4・四半期がそうだったようだ」と述べた。

12月のドイツ総合PMI改定値は51.6と、前月の52.3から低下。速報値の52.2から下方改定された。

スミス氏は「英国の欧州連合(EU)離脱と貿易戦争を巡る先行き不透明感が根強いことに加え、経済全般の減速も、サービス部門全体の企業心理を悪化させた。先行きに対する期待感は過去3年余りで最低となった」と指摘。

雇用創出ペースは鈍化しているが、多くの製造業・サービス業が従業員を新規採用しており、これが消費の拡大と目先の逆風緩和につながる見通しという。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below