February 5, 2019 / 9:29 AM / 3 months ago

独サービス部門PMI改定値、1月は53.0 4カ月ぶりに上昇

[ベルリン 5日 ロイター] - IHSマークイットが発表した1月のドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は4カ月ぶりに前月から上昇した。これを受け、1月のドイツ総合PMI改定値は52.1と、前月の51.6から上昇。前月は5年半ぶり低水準だった。

同指数は50が好不況の分かれ目となる。

1月のサービス部門PMIは53.0と、前月の51.8から上昇。内需が好調だった。海外からの新規受注は先行き不透明感を背景に減少した。

IHSマークイットのプリンシパル・エコノミスト、フィル・スミス氏は、サービス部門が拡大し、製造業の鈍化を補ったと指摘。ただ「ドイツの民間セクターの基調的な成長率はごくわずかだ」との見方を示した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below