July 24, 2020 / 8:18 AM / in 15 days

独製造業PMI、7月速報は19カ月ぶりに50回復 サービスも50台

 IHSマークイットが発表した7月のドイツ製造業購買担当者景気指数 (PMI)速報値は50.0と6月の45.2から上昇し、2018年12月以来1年7カ月ぶりに景況改善・悪化の分岐点となる50に達した。写真はダイムラーの工場。ドイツのラシュタットで昨年2月撮影(2020年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

[ベルリン 24日 ロイター] - IHSマークイットが発表した7月のドイツ製造業購買担当者景気指数 (PMI)速報値は50.0と6月の45.2から上昇し、2018年12月以来1年7カ月ぶりに景況改善・悪化の分岐点となる50に達した。

ロイターがまとめた市場予想(48.0)も上回った。

製造業部門とサービス部門を合わせた総合PMIは55.5で、2月以降初めて50を上回った。こちらも市場予想(50.3)以上の伸びとなった。

IHSマークイットのアソシエートディレクター、フィル・スミス氏は「7月のPMIはプラス圏に入り、予想を大きく上回った。経済活動や需要が回復する中、ドイツの事業環境が改善しつつあることを示す明確な兆候だ」と述べた。

また「輸出に依存する経済にとって、製造業の海外販売が大きく上向いたことは心強い」と指摘した。

製造業の新規受注は2018年9月以来初めて増加に転じた。新規輸出受注も18年8月以来の増加となった。

サービス部門PMIは56.7となり、2月以降初めて50台に乗せた。同部門でも新規受注を示す指数などが上昇。雇用が2月以降初めて拡大した。

一方、製造業は雇用削減ペースがやや加速した。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below