for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

5月独総合PMI速報値は53.1、20カ月ぶり低水準

    * 5月のドイツサービス部門PMI速報値は52.1(予想:53.0)
    * 5月のドイツ製造業PMI速報値は56.8(予想:57.8)
    * 5月のドイツ総合PMI速報値は53.1

    [ベルリン 23日 ロイター] - IHSマークイットが発表した5月のドイツの総合購買担当者景
気指数(PMI)速報値は53.1と、2016年9月以来20カ月ぶりの低水準だった。
    新規受注の伸びが、約3年ぶりの低水準に低下した。
    前月の総合PMIは54.6だった。ロイター調査では54.7への小幅な上昇が予想されていた。
    IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「受注が伸び悩んだほか、企業心理もさらに
悪化しており、ドイツ経済の勢いは昨年末に比べて大幅に鈍っている」と指摘。
    「最近の需要の冷え込みは、利益率への圧力が増していることを意味する。販売価格の上昇率は、投入
コストの上昇率と反対の方向に動いている」とし、今後、原油高などを背景に企業のコスト圧力が増すとの
見方を示した。
    5月の製造業PMI速報値は56.8と、2017年2月以来の低水準。前月は58.1だった。    
    5月のサービス部門PMI速報値は52.1。前月の53.0から低下し、2016年9月以来の低水
準となった。   

 (※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up