January 2, 2019 / 10:34 AM / 6 months ago

独製造業PMI改定値、12月は51.5に低下 2年9カ月ぶり低水準

    [ベルリン 2日 ロイター] - IHSマークイットが発表した
2018年12月のドイツ製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値
は速報値と変わらずの51.5で、11月の51.8から低下し2年9
カ月ぶりの低水準となった。
    PMIの低下は今年11回目。自動車業界の新燃費基準対応遅れと
いう特殊要因に加え、米中貿易摩擦も影を落とした。
    IHSマークイットの首席エコノミスト、フィル・スミス氏は「や
や過熱気味で2017年を終えたこともあり、調整は避けられないとみ
ていたが、減速のペースは想定を超えた」と述べ、2018年は世界経
済の見通しが悪化し、輸出型のドイツ製造業に打撃を与えたと指摘した
。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below