March 5, 2019 / 9:31 AM / 3 months ago

独サービス部門PMI改定値、2月は55.3 5カ月ぶり高水準

    * 2月のドイツサービス部門PMI改定値は55.3(速報値:55.1)
    * 2月のドイツ総合PMI改定値は52.8(速報値:52.7)
    * 

    [ベルリン 5日 ロイター] - マークイットが発表した2月の
ドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.3
と、5カ月ぶりの高水準だった。
    製造業が縮小するなか、サービス業が成長の原動力となっているこ
とが改めて浮き彫りとなった。
    速報値は55.1、前月は53.0だった。
    先に発表された2月のドイツ製造業PMI改定値は74カ月ぶりの
低水準。2カ月連続で好不況の分かれ目となる50を下回った。
    2月の総合PMIは52.8と、4カ月ぶりの高水準だった。
    マークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は、ドイツの経済
成長率が、昨年第4・四半期のゼロ成長から今年第1・四半期にはプラ
ス成長に戻るとの見通しを示した。
    ただ、製造業の生産が減少しており、輸出も減少基調にあるため、
全体としては緩やか成長にとどまる見通しという。
    同氏は「製造業PMIの指標が全般的に悪化しているのとは極めて
対照的に、サービス業の指標は軒並み改善している」と指摘。
    サービス業では、新規受注の増加ペースが前月を上回り、雇用の増
加ペースも昨年10月以降で最高となった。企業信頼感は昨年4月以降
で最高の水準だった。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below