April 3, 2019 / 8:44 AM / 21 days ago

独サービス部門PMI改定値、3月は55.4に上昇 総合は51.4に低下

    [ベルリン 3日 ロイター] - マークイットが発表した3月の
ドイツのサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は55.4
と、2月の55.3から上昇し、昨年9月以来の高水準となった。堅調
な内需と顧客の増加が背景。
    通信や金融セクターなどが特に伸びた。ただホスピタリティー、運
輸、その他サービス部門はやや低調だった。
    雇用が堅調だったことを受けて賃金は上昇。企業は賃金上昇分を顧
客に転嫁することができ、産出価格は1997年のデータ収集開始以来
、最も速いペースで上昇した。
    一方、製造業の低迷を受け、3月の総合PMIは51.4と、2月
の52.8から低下した。好不況の分かれ目となる50は引き続き上回
ったものの、2013年6月以来の低水準となった。
    マークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「調査では、外
部からの逆風はあるものの、内需は引き続き堅調であることが示唆され
た」と指摘した。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below