October 3, 2018 / 8:39 AM / 18 days ago

独サービス部門PMI改定値、9月は55.9 8カ月ぶり高水準

    * 9月のドイツサービス部門PMI改定値は55.9(速報値:56.5)
    * 9月のドイツ総合PMI改定値は55.0(速報値:55.3)

    [ベルリン 3日 ロイター] - IHSマークイットが発表した
9月のドイツサービス部門購買担当者景気指数(PMI)改定値は55
.9と、前月の55.0から上昇し、8カ月ぶりの高水準となった。
    製造業は低迷しているが、国内需要が力強いことが改めて浮き彫り
となった。
    製造業とサービス部門を合わせた総合PMI改定値は55.0と、
前月の55.6から低下した。速報値をやや下回ったものの、景況拡大
と悪化の分かれ目である50は大きく上回った。
    サービス業では、雇用創出のペースが約11年ぶりの高水準となっ
た。サービス業は、依然として事業の先行きを非常に楽観している。
    IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は「約2年
ぶりに、サービス業の拡大ペースが製造業を上回った。ドイツ経済の成
長のけん引役が根本的に変わったことが裏付けられた」と指摘した。
    第3・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は0.5%前後になる
見通しという。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below