December 5, 2018 / 10:22 AM / 11 days ago

独総合PMI改定値、11月は約4年ぶり低水準

    * 11月のドイツサービス部門PMI改定値は53.3(速報値:53.3)
    * 11月のドイツ総合PMI改定値は52.3(速報値:52.2)

    [ベルリン 5日 ロイター] - IHSマークイットが5日発表
した11月のドイツ総合購買担当者景気指数(PMI)改定値は52.
3と前月の53.4から低下し、約4年ぶりの低水準となった。コスト
圧力の高まりや企業の楽観的な姿勢が後退したことを背景にサービス部
門の活動が弱まった。
    ただ、依然として景況の拡大・悪化の分かれ目となる50を上回っ
ているほか、速報値から小幅に上方改定された。
    IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は、第4・
四半期のドイツ経済はマイナス成長だった第3・四半期から緩やかなプ
ラス成長に転換する見込みだが、11月のPMIが低下したことは経済
の反発力に疑問を投げかけている、と指摘した。
    11月のサービス部門PMI改定値は53.3と、前月の54.7
から低下。海外からの新規事業が引き続き低迷したほか、企業の楽観姿
勢を示すサブ指数が2年ぶりの低水準となった。
    サービス部門の投入価格サブ指数は7年半強ぶりの大幅な上昇とな
った。マークイットによると、輸送、労働、エネルギーのコスト上昇が
反映された。

    
 (ーからご覧ください)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below