July 24, 2019 / 8:23 AM / 5 months ago

7月ドイツPMI速報値、製造業が7年ぶり低水準 景気見通し悪化

    * 7月のドイツ総合PMI速報値は51.4(予想:52.3、6月:52.6)
    * 7月のドイツ製造業PMI速報値は43.1(予想:45.2、6月:45.0)
    * 7月のドイツサービス部門PMI速報値は55.4(予想:55.3、6月:55.8)

    [ベルリン 24日 ロイター] - IHSマークイットが発表した7月のドイツ購
買担当者景気指数(PMI)速報値は、製造業が7年ぶりの低水準となり、ドイツ経済見
通しの悪化を示唆した。
    製造業とサービス部門を合わせた総合PMIは51.4。6月の52.6から低下し
、3月以来の低水準となった。アナリスト予想の52.3も下回った。
    製造業PMIは45.0から43.1に低下し、2012年7月以来の低水準。
    IHSマークイットの首席エコノミスト、フィル・スミス氏は、7月は製造業の業況
が一段と悪化したと指摘し、輸出受注の減少ペースが加速したことを挙げた。
    IHSマークイットのエコノミスト、クリス・ウィリアムソン氏は、自動車産業が最
も深刻な圧力を受けていると指摘。PMI、その他の経済指標から第2・四半期と第3・
四半期がともに若干のマイナス成長となり、景気後退局面に陥る可能性があるとの見方を
示した。
    ただ良好な雇用と旺盛な個人消費が、外部環境悪化の影響を緩和しており、製造業の
低迷の他セクターへの波及は今のところ限定的だ。
    サービス部門PMIは55.4。6月の55.8から小幅低下した。
    ドイツ政府は今年の成長率を0.5%と予想し、2020年は1.5%に改善すると
予想している。
    

    
 (い)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below