for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

独製造業PMI、1月改定値は57.1に低下 供給面の遅れに懸念

IHSマークイットが発表した1月のドイツの製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.1だった。ベルリンの店舗で、昨年12月撮影。(2021年 ロイター/Michele Tantussi)

[ベルリン 1日 ロイター] - IHSマークイットが発表した1月のドイツの製造業購買担当者景気指数(PMI)改定値は57.1だった。速報値の57.0からは上方修正されたものの、12月の58.3からは低下した。供給面での懸念が独経済の景気回復に打撃となっている。

IHSマークイットのエコノミスト、フィル・スミス氏は、供給ボトルネックがコスト高につながっている、と指摘。「供給遅延を巡る懸念が顕在化しつつある。製造業からの投入需要が増加する一方、原材料や輸送力は不足しており、サプライチェーンに混乱を来たしている。このため1月調査では、納期の長期化がこれまでで最大となった」とした。

その上で「実際の生産水準における影響は現時点では限定的だが、新規受注に伴い生産が現在のペースを続けるようであれば、製造業の在庫は減少し、サプライチェーン途絶のリスクが増大する」と付け加えた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up