September 30, 2019 / 7:29 AM / 23 days ago

独失業者数、9月は予想外の減少 8月小売売上高も増加

 9月30日、ドイツ連邦統計庁が発表した8月の小売売上高指数は、実質ベースで前月比0.5%上昇した。ロイターがまとめた市場予想と一致した。写真はハンブルグで昨年1月撮影(2019年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 30日 ロイター] - 30日に発表されたドイツの各種経済データによると、9月の失業者数が予想外に減少し、8月の小売売上高は増加した。製造業の低迷が消費主導の成長サイクルに悪影響を与え始めたとの懸念が和らぎそうだ。

ドイツ連邦雇用庁が発表した9月の失業者数(季節調整後)は前月比1万人減の227万6000人。ロイターがまとめたコンセンサス予想は5000人増だった。

8月の失業者数は、当初発表の4000人増から、2000人増に改定された。

9月の失業率は5.0%で、前月から横ばいだった。失業率は今年、過去最低の4.9%を記録している。

連邦雇用庁のデトレフ・シェーレ長官は、景気低迷が失業データに部分的に反映されているとしつつも「全体的にみて、労働市場は依然として良好な状態にある」との認識を示した。

ドイツ連邦統計庁が発表した8月の小売売上高指数は、実質ベースで前月比0.5%上昇した。ロイターがまとめた市場予想と一致した。

7月は0.8%低下に上方改定された。

8月の同指数は前年同月比では3.2%上昇。7月は5.2%上昇に上方改定された。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below