May 10, 2018 / 5:16 AM / 12 days ago

ドイツ、中低所得層の税負担軽減へ デジタル投資も拡大=財務相

[ベルリン 9日 ロイター] - ショルツ独財務相は9日、連邦・地方政府の最新の税収見通しを発表し、予想を上回る見込みの税収の用途について、今年はデジタル化投資を増やし、来年は中・低所得層の税負担を軽減するとの方針を示した。

 5月9日、ショルツ独財務相(写真)は、連邦・地方政府の最新の税収見通しを発表し、予想を上回る見込みの税収の用途について、今年はデジタル化投資を増やし、来年は中・低所得層の税負担を軽減するとの方針を示した。写真は4月に撮影(2018年 ロイター/Fabrizio Bensch)

同相は、税収の上振れ分を活用してデジタル化基金を創設し、今年は24億ユーロを基金に振り向ける、と説明。将来的には、G5モバイルライセンスの入札で得られた資金で基金の増額を図る、としている。

一方、同相は、支出の一段の拡大余地は限られている、とも強調。予算の下振れリスクとして、通商を巡る米国との対立や、イランの核開発抑制に向けた見解の相違を挙げ「慎重に見積もるべきだ」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below