November 23, 2018 / 1:56 PM / 17 days ago

独財務省、公的部門の黒字は今年の600億ユーロがピークと予想=独誌

[ベルリン 23日 ロイター] - 独財務省は、公的部門の黒字が今年の600億ユーロ、国内総生産(GDP)比約1.8%をピークに2022年までに半減すると予測している。独シュピーゲル誌が伝えた。

それによると、財務省は、連邦・地方政府の合同委員会向けに準備した文書で、連邦政府、地方政府、社会保障基金を合計した黒字が2019年には約360億ユーロ、GDP比約1%に縮小すると予想した。

とはいえ、生産の大幅拡大が何年も続き、政府の財政は潤ってきた。公的部門の債務は、来年はGDP比58%となり、欧州連合(EU)が定める上限の60%を2010年以来初めて下回る。2022年には52%に低下すると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below