August 30, 2019 / 3:25 AM / 18 days ago

ドイツ経済相、中小企業向けの減税を提案

 8月29日、ドイツのアルトマイヤー経済相(写真)は、同国経済の屋台骨であるミッテルシュタント(中小企業)向けの減税を提案した。写真はベルリンで28日撮影(2019年 ロイター/Annegret Hilse)

[ベルリン 30日 ロイター] - ドイツのアルトマイヤー経済相は29日、同国経済の屋台骨であるミッテルシュタント(中小企業)向けの減税を提案した。

留保利益に対する税率の上限を25%にすることなどが含まれている。

ミッテルシュタントの間では、アルトマイヤー経済相が十分な支援策を講じていないとの批判が出ていた。

ドイツ経済は、貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱を巡る先行き不透明感を背景に第2・四半期にマイナス成長を記録した。

同相は「ドイツは、他国にはまず例のない、強力で世界志向のミッテルシュタントで成り立っている」とし「私のミッテルシュタント戦略の土台は、景気を良くすることだ。ミッテルシュタントの税負担を軽減する必要がある」と述べた。

同相によると、ミッテルシュタントはドイツ企業の売上高全体の35%、雇用の60%を占める。従業員500人未満・年間売上高5000万ユーロ未満と企業と定義されており、家族経営が多い。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below