Reuters logo
ドイツ最大の貿易相手国に中国が浮上、米国抜く
2017年2月24日 / 00:54 / 9ヶ月後

ドイツ最大の貿易相手国に中国が浮上、米国抜く

[ベルリン 24日 ロイター] - ドイツ連邦統計庁のデータによると、昨年の同国最大の貿易相手国に中国が浮上した。前年、最大の貿易相手国だった米国は3位に転落。フランスは前年に続き2位だった。

 2月24日、ドイツ連邦統計庁のデータによると、昨年の同国最大の貿易相手国に中国が浮上した。写真は左から中国、EU、ドイツの国旗、ベルリンで昨年11月撮影(2017年 ロイター/Fabrizio Bensch)

ドイツと中国の昨年の貿易総額は1700億ユーロ(1800億ドル)。

米国のトランプ政権は、ドイツがユーロ安を利用して輸出を拡大していると批判しており、ドイツ政府は今回の統計を歓迎するとみられる。

ドイツのガブリエル副首相は、トランプ政権が保護主義的な政策を打ち出すなら、欧州連合(EU)の経済政策の照準をアジアに定める必要があるとまで示唆している。

ドイツ卸売・貿易業連合会(BGA)は「(トランプ)大統領の保護主義的なプランを考えると、ドイツと中国の貿易関係は今後さらに強まるだろう」との見方を示した。

昨年のフランスとの貿易総額は1670億ユーロ、米国との貿易総額は1650億ユーロだった。

輸出だけをみた場合、ドイツ製品の最大の輸出先は米国(1070億ユーロ)、2位はフランス(1010億ユーロ)、3位は英国(860億ユーロ)だった。

貿易収支では、英国に対する貿易黒字が500億ユーロ超で最大。米国に対する貿易黒字は490億ユーロで2位だった。

昨年のドイツの貿易黒字は2529億ユーロ。黒字の約40%は英米向けの輸出で稼いだことになり、来月中旬にドイツで開く20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議を控え、貿易不均衡を巡る議論が高まるとみられる。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below