September 13, 2019 / 9:13 AM / 2 months ago

今年のドイツ経常黒字、4年連続で世界最大となる見通し=IFO

9月13日、ドイツのIFO経済研究所は、2019年のドイツの経常黒字が4年連続で世界最大となるとの見通しを示した。ハンブルクの港で2018年8月撮影(2019年 ロイター/Fabian Bimmer)

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は13日、2019年のドイツの経常黒字が4年連続で世界最大となるとの見通しを示した。不均衡を縮小し内需を刺激するよう、同国政府にさらなる圧力をかけることになる。

IFOのエコノミスト、クリスチャン・グリム氏はロイターに対し、今年のドイツの経常黒字は2760億ドルとなる見込みだと述べた。

日本と中国の経常黒字はそれぞれ1880億ドル、1820億ドルになるとの見通しを示した。

一方、米国の経常収支は、トランプ米大統領が中国と貿易戦争を続け中国製品に追加関税を課しているにもかかわらず、4800億ドルの世界最大の赤字となる見込み。

国際通貨基金(IMF)のチーフ・エコノミスト、ギタ・ゴピナート氏は米シンクタンク、戦略国際問題研究所のイベントで、ドイツは長期にわたって経常黒字を削減するよう圧力をかけられてきたが、足元では「潜在生産力を引き上げるために財政支出の拡大に確実にシフトしている」と指摘。インフラ投資が必要で非常に低い金利を活用できるのなら、費用対効果の観点から今行動を起こすことは理にかなっているとした。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below