August 20, 2018 / 10:13 AM / 3 months ago

ドイツ経常黒字、今年も世界最大の見通し 2位は日本=IFO

[ベルリン 20日 ロイター] - ドイツのIFO経済研究所は20日、同国の経常黒字が今年も世界最大規模になるとの見通しを示した。IFOは、2018年の独経常黒字は2990億ドルと、3年連続で世界最大になるとの推計を発表した。日本の経常黒字は2000億ドルと、ドイツに次いで大きな規模になる見通し。

国際通貨基金(IMF)と欧州委員会はドイツに対し、成長を刺激し世界経済の不均衡を縮小させるため、内需と輸入の拡大に向けた取り組みを強化するよう求めている。

IFOによると、3位はオランダ(約1100億ドル)で、中国は、輸入の急増や国外資本のリターン減少で上位3位内には入らない見通し。

IFOのエコノミスト、Christian Grimme氏は、米国が最大の経常赤字国(約4200億ドル)になると述べた。

独財務省は20日公表した月報で、トルコの通貨危機は、米国との貿易摩擦や英国の合意なき欧州連合(EU)離脱とともに、国内経済へのリスクになるとの見方を示した。

IFOによると、ドイツの経常黒字は貿易黒字が主因。今年前半はユーロ圏およびEU諸国向けの輸出が好調だった。

今年の経常黒字は対国内総生産(GDP)比7.8%で、2017年の7.9%からわずかに低下する見通し。

ドイツの経常黒字は2011年以降、欧州委員会が上限とする対GDP比6%を上回り続けている。欧州委は、2014年以降、ドイツをマクロ経済的に不均衡な国に認定している。

*内容を更新しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below