April 1, 2019 / 9:31 AM / 22 days ago

ドイツ機械装置産業連盟、19年の生産見通しを下方修正

[ベルリン 1日 ロイター] - ドイツ機械装置産業連盟(VDMA)は1日、2019年の生産見通しを2%増から1%増に下方修正した。貿易摩擦や世界経済の鈍化が理由。VDMAは「関税など貿易制限を巡る問題で、市場参加者が不安になっており、業界の心理が悪化している」と指摘。世界経済の鈍化もリスク要因だとの見方を示した。

米国の法人税改革の好影響が薄れつつあり、中国の経済成長も鈍化する見通しという。

VDMAのウェルカー会長は「国内外でビジネスの勢いが鈍りつつある」とし「重要な市場で発生した政治に起因するリスクが影響している。解決策が見えない」と述べた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below