June 12, 2018 / 10:02 AM / 11 days ago

独ZEW景気期待指数、6月は12年9月以来の低水準

[ベルリン 12日 ロイター] - ドイツの欧州経済センター(ZEW)が12日発表した6月の独ZEW景気期待指数はマイナス16.1と、5月のマイナス8.2からさらに大きく落ち込み、2012年9月以来の低水準となった。米国との貿易摩擦激化の影響に対する懸念に圧迫された。

ロイター調査のコンセンサス予想(マイナス14.0)も下回った。

現況指数は80.6と、5月の87.4から低下。こちらも市場予想の85.0を下回った。

ZEWのワムバッハ所長は「米国との貿易摩擦の激化と、イタリア新政権の政策が金融システムを不安定化させるのではないかとの懸念が、ドイツの見通しに影を落としている」と指摘した。

ZEWは11日までの2週間に調査を行った。貿易摩擦よりもイタリアの新政権を巡る懸念が高まっていた時期に調査結果の大半を回収したことになる。

キャピタル・エコノミクスのジェニファー・マッケオン氏は顧客向けリポートで「表面上はドイツの成長が大幅に鈍化し、景気後退のリスクが高まったことをZEW指数は示しているが、国内総生産(GDP)との関連性は非常に弱く、確固とした結論を出すことはできない」と指摘した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below