February 19, 2019 / 2:12 PM / a month ago

独ZEW景気期待指数、2月は小幅改善 現況指数の悪化続く

[ベルリン 19日 ロイター] - ドイツの欧州経済センター(ZEW)が発表した2月の独ZEW景気期待指数は小幅改善したものの、現況指数は引き続き悪化した。

2月の独ZEW景気期待指数はマイナス13.4で、1月のマイナス15.0から小幅改善した。エコノミストの予想(マイナス14.0)を上回った。

現況指数は15.0で、前月の27.6から低下し2014年12月以来の低水準。エコノミストの予想(23.0)以上に悪化した。

ZEWのワムバッハ所長は、工業生産が依然低迷し、受注も弱いとし、外需が景気刺激剤になっていないと指摘。

「当センターの調査で金融市場の専門家は向こう半年、回復は予想していない」と述べた。

ドイツ政府は、今年は内需が唯一の成長けん引役になるとみており、国内総生産(GDP)は1.0%増加を予想している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below