May 25, 2019 / 3:40 AM / 3 months ago

焦点:新たなドイツ国歌案で見えた分断、旧東独市民の疎外感

[ドレスデン 21日 ロイター] - ベルリンの壁崩壊から30年。ドイツ東部チューリンゲン州のボド・ラメロウ首相は、再統一されたドイツにふさわしい新たな国歌を定めるべき時期だと考えている。

 5月21日、ベルリンの壁崩壊から30年。ドイツ東部チューリンゲン州のボド・ラメロウ首相は、再統一されたドイツにふさわしい新たな国歌を定めるべき時期だと考えている。写真は独クヴェートリンブルクで4日撮影(2019年 ロイター/Fabrizio Bensch)

過激な提案ではあるが、今年、旧東独地域の大半で行われる地方選挙がアンゲラ・メルケル首相率いる不安定な連立政権にとって試金石になるだけに、旧東独の人々の感情は、多くの政治家にとって最重要課題になっている。

「旧東独地域では、現在の国歌を歌わない人が多い」と語る西側出身のラメロウ氏は、政治的なキャリアを東側で重ねてきたものの、10月の選挙では再選が危ぶまれている。「本当に東西共通と言える国歌があればいいと思う。誰もが親しみを感じ、『これが自分の国の歌だ』と言えるような、まったく新しい国歌だ」

ザクセン州とザクセン・アンハルト州でも9月と10月に州議会選挙が行われるため、旧東独地域を構成する5州(首都ベルリンを除く)のうち3州、人口にして3分の2が、選挙を迎えることになる。

この3州の政府は連邦参議院69議席のうち12議席を占めており、メルケル氏率いるキリスト教民主同盟(CDU)及び連立相手の社会民主党(SPD)が大敗すれば、連邦議会での法案成立が非常に困難になる可能性がある。

ソ連の後ろ盾を失ったドイツ民主共和国(GDR)が建国から40年で崩壊し、その数ヶ月後に隣国・ドイツ連邦共和国と統一されたとき、多くの人々は歓喜の声を挙げた。

だが、統一の経緯や、その後何年にもわたる人口減少と雇用喪失、さらにはピーク時には1600万人の人口を擁した国家がその後の歴史から消えてしまったことは、多くの人にとって苦い後味を残した。

ラメロウ氏の提案を真剣に受け止める人はほとんどいない。メルケル首相自身も旧東独の出身だが、広報官によれば、同首相は現在の国歌について「歌詞もメロディも美しい」と感じているという。

だが、旧東独地域の一部の住民が抱く疎外感を心配する上層部の政治家はラメロウ氏だけではない。

連立政権で閣僚の座にあるSPDのカタリナ・バーリー氏は、最近行われた旧東独地域の党代議員による会合の席上、「西独は1990年に、それまで大切に守ってきた戦後の基本法を捨て、再統一後のドイツのための新たな基本文書を策定すべきだったのではないか」と、ほとんど考えられないことを口にした。

疎外感は軽視できない。一部のアナリストは、旧東独地域で極右「ドイツのための選択肢(AfD)」が示す強さは、こうした疎外感に理由があると考えている。AfDは今後の地方選挙で、ドイツ第12位の都市ドレスデンの市長の座を獲得する可能性がある。

再統一から数十年が経つが、旧東独地域は依然として貧しく、住宅コストの高騰など全国レベルの問題も、より豊かな旧西独地域に比べて、いっそう深刻なものになっている。

だが、SPDが家賃上昇の抑制を主張し、CDUも法律・条例による措置を示唆する一方で、「市場ラディカリズムを終らせる」公約を掲げる左翼党、ムスリム女性が着用するスカーフの禁止と移民問題への取組みを公約するAfDは、住民にとって実感の伴うレベルで戦っている。

英国の研究者ジェームズ・ホーズ氏によれば、2000年前、ローマ帝国の境界外に位置していた旧東独地域は、これまでも常に異質であり、東部からの侵入を受けやすかったために住民の不安感が強かったという。

「旧東独地域はロシア人に征服されたせいで異質なのではない」とホーズ氏は言う。「常に異質だったからこそ、ロシア人に征服されたのだ」

<警察国家でも人は恋をする>

だが、もっとずっと近い過去に原因を求める見方もある。西独が衰退した東独を吸収したことは、冷戦における西側の輝かしい勝利であると解釈された。反体制派を投獄し、亡命を試みる者を射殺してきた共産主義の警察国家は、成功した隣の民主主義国家に呑み込まれてしまったのだ、と。

だが、歴史家のヨルグ・ガンツェンミュラー氏によれば、再統一後に生まれた人も含め、旧東独地域の住民の3分の2は、ドイツ民主共和国について肯定的なイメージを抱いているという。

「2つの記憶が並行して生き続けている」とガンツェンミュラー氏は言う。「公式の記憶では、(旧東独の)独裁が強調される。だが、住民自身が当時について記憶していることは、それとはまた別だ」

この地域においてドイツ民主共和国の特徴が数多く残されていることは、投票パターンからメディア消費、職場における振る舞いに至るまで、多くの指標から明らかになっている。

旧西独地域に比べ、旧東独地域では育児休暇を取得する男性が多く、経営幹部に占める女性の比率が高い。西側では女性の活躍がまだ稀だった時代に、独裁政権が数十年にわたって女性の就労拡大に取り組んできた遺産である。

<語られない旧東独での幸福>

バラードのヒットで旧東独地域のスーパースターにのし上がったベテランのロックミュージシャン、ディルク・ミカエリス氏は、ドレスデンで開かれたイベントで、「東独について何かと弁解を迫られるのにはウンザリだ」と話した。

「あの国にも、幸せなときはあった」と訴えるミカエリス氏に、聴衆は拍手を送る。

その晩の主役は、機知に富んだ弁舌さわやかな弁護士、グレゴール・ギジ氏だった。旧東独において、ドイツ社会主義統一党(SED)の党員であるにもかかわらず、裁判では反体制派の被告を弁護して名を上げた人物だ。

SEDがラメロウ氏が現在所属する民主的な左翼党へと変貌していく過程で党首を務めていたギジ氏は、1990年代、再統一後のドイツのメディアにおいて旧東独側を代表する「顔」になった。彼は「東の人間」には、かけがえのない強みがあると主張した。

「西の人間に対して有利なのは、私たちが両方の体制を経験しているということだ」と彼は聴衆に語りかけ、拍手喝采を浴びた。

もっとも、ドイツ民主共和国時代の記憶は決して明るいものばかりではない。SPD青年部を率いるケビン・キューネルト氏がBMWの再国有化を示唆して人々を驚かせたとき、最も厳しい批判が起きたのは旧東独地域だった。

Slideshow (2 Images)

このアイデアはクネルト氏が活躍する最先端の西ベルリンでこそ受けが良かったが、旧東独地域では、スピードが遅く排ガス臭の強い「トラビ」(トラバント)のおかげで自国の自動車産業がさんざんジョークのネタにされただけに、企業の国有化に対する思いは異なる、と語るのは東部の街クェドリンブルクで市長を務めたことのあるSPDのエバハルト・ブレヒト氏。

「国有化こそ私たちが旧東独でやってきたことだが、それが崩壊につながった」とブレヒト氏は言う。「そういうアイデアに飛びつく人は、旧東独を何一つ経験していないのだ」

(翻訳:エァクレーレン)

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below