Reuters logo
ドイツ州議会選、反移民政党が躍進 政権与党は後退
2016年3月13日 / 23:02 / 2年前

ドイツ州議会選、反移民政党が躍進 政権与党は後退

[ベルリン 13日 ロイター] - ドイツ国内の3州(西部2州、旧東ドイツ1州)で13日、議会選挙が行われ、難民受け入れに寛容な姿勢を示すメルケル首相の保守陣営が失速する一方、反移民を掲げる右派政党「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進した。

 3月13日、ドイツ国内の3州(西部2州、旧東ドイツ1州)で、議会選挙が行われ、難民受け入れに寛容な姿勢を示すメルケル首相の保守陣営が失速する一方、反移民を掲げる右派政党が躍進した。写真はメルケル首相、12日撮影(2016年 ロイター/Kai Pfaffenbach)

今回の選挙は、メルケル政権が進めてきた移民政策に対する国民投票と位置付けられていた。

首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)は、西部のバーデン・ビュルテンベルク州、ラインラント・プファルツ州、東部のザクセン・アンハルト州の3州すべてで後退した。

ZDFテレビの予想によると、AfDは特にザクセン・アンハルト州で躍進。得票率は24.2%とCDUに迫り、CDUと連立を組む社会民主党(SPD)を上回っている。AfDが第2党になるのは初めて。

また、バーデン・ビュルテンベルク州では緑の党が得票率31.1%で首位につけている。

正式な結果はまだ明らかでないが、票の分裂は政治の勢力図が塗り替わる可能性を示している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below